ソーシャルメディア

January 29, 2018

【動画 NHKスペシャル】人体 神秘の巨大ネットワ―ク(4)万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった20180114

毎日の食事から栄養や水分を大量に体に取り込む消化・吸収の要だが、じつは私たちを万病から守る全身の「免疫力」を司っていることが、最新研究から明らかになってきた。なんと全身の7割もの免疫細胞が腸に集結し、いま話題の「腸内細菌」たちと不思議なメッセージをやりとりしているというのだ。ひとたび、腸での免疫のバランスが崩れ、免疫細胞が暴走を始めると大変なことに。花粉や食べ物、自分の体の一部まで「敵」と誤って攻撃し、さまざまなアレルギーや免...

January 24, 2018

【動画NHKスペシャルシリーズ】人体 神秘の巨大ネットワーク #3骨が出す 最高の若返り物質 2018年1月7日

いままでの骨のイメージが変わります。

”骨は若さを司る臓器”

骨の役割は

①記憶力アップ

②免疫力アップ

③筋力アップ

④精力アップ

January 19, 2018

日本の厚生労働省によるタミフル服用後の異常行動につい(緊急安全性情報の発出の指示)の情報はこちらです。それによりますと、

タミフルによる「精神・神経症状」については、因果関係は明確ではないものの、医薬関係者に注意喚起を図る観点から、平成16年5月、添付文書の「重大な副作用」欄に「精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、観察を十分に行い、症状に応じて適切な処置を行うこと。」と追記した。

タミフルの全世界の処方件数の75%は日本で欧米ではほとんど使用され...

January 17, 2018

 ワクチンは「劇薬」

と添付文書には明記されています。

ワクチンに含まれる水銀は、神経毒として自閉症や知的障害、認知症、さまざまな難病の発症に関与することが疑われています。

ワクチンの重大な副作用の中には、ギランバレー症候群(四肢の末端から始まる弛緩性マヒ、腱反射の減弱や消失)やけいれんなどに加え、脳炎、脳症まで現れると記載されています。

インフルエンザは、いくつかの型があり、ほかのウィルスと比べて、非常に速いスピードで変異をくり返します。

一方、ワクチンを作るのには、半年から一年かかるのでワクチンの中のウィルスとその年に流行するウィルスとは...

January 10, 2018

水素サプルメントを摂り始めると、大量の水素がからだの細胞の隅々に入り込み、病気の原因となる活性酸素を減らし、からだの毒素を体外に排出しようとする力が強く働きます。

そのお陰で好転反応の症状として現れ、細胞に何十年も溜まっていた老廃物を体の外に押し出して体の中の大掃除がはじまっていて病気の原因になるものをごみ、あか、くそとして体外に排泄し、便の量が増えたり皮膚のただれやかゆみとして現われることがあります。

私の首の後ろの皮膚の肌荒れとかゆみは1年以上の長期になり現在も続いていますが、症状が引いていっています。

 2017年4月...

January 3, 2018

 答え:① 坂道でウォーキング! ② 30分に1回立ち上がる ③ 普通は食べない茶がらで健康増進 ④ 高齢者限定のミスコン ⑤ 減塩のためにみそを酒かすで代用 ⑥ 健康診断に行くだけで商品券が!

★画像をクリックするとビデオが観れます。(テレビ番組:この差って何ですか?)

January 2, 2018

ストレスの原因を集約してみると...

外因性要因としては、女性は出産や更年期、高齢期、男性は退職や伴侶の死などが引き金になると言われています。

女性のうつ病は、出産後や更年期の発症が圧倒的に多くなっています。これにはもちろん社会的なインパクトもありますが、ホルモンの変動が非常に激しいため、心身のバランスを崩しやすい状況になっているのも大きな原因です。

最近は、女性の場合と同じように、男性の更年期ももっと真剣に考えるべきだという声も聞かれます。年を重ねて男性ホルモンがだんだん下がってくる時期には、男性にもやはりうつ症状がみられるからです。

社...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload

最新記事
タグから検索
お勧め記事

【10】 超パワフルな抗酸化力を追求した究極の水素サプリの商品紹介と摂取方法

December 23, 2018

1/10
Please reload

アーカイブ