世界初の水素発電所、神戸市に完成

世界初 水素発電で地域に電力供給

世界で初めて水素を燃料とした、電気や熱を地域に供給する発電所が神戸市に完成しました。 神戸のポートアイランドに完成した、水素だけで電気を生み出せる国内初の発電所。 水素は燃やしても二酸化炭素が発生しないため、温室効果ガス削減に向けた次世代エネルギーとして注目されています。 来年2月からスポーツセンターや病院など4施設に実際に発電所で作った電気や熱を送り、その安定性などについて検証を始める予定です。 水素による地域レベルでのエネルギー供給は、世界で初めての取り組みになります。 【大林組技術本部・小野島一統括部長】 「全体としての省エネも図れますし、そのエネルギーをCO2(二酸化炭素)フリーで作り出すことができる」 実証運転は今年度一杯行われ、その結果を踏まえながら来年度の実用化を目指すということです。

水素は一番小さい分子です。水素で走る車など、いろんな分野で研究開発が行われています。

#水素

お勧め記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Interwave USA