水素サプリをがん治療にとり入れています


マイナス水素イオンサプリメントと出会ったのは2011年8月、乳がんの治療を受けに日本の鶴見先生を訪ねたのがきっかけでした。

その後、2~3ヶ月で、手術や抗がん剤を一切行わず、食べ物の改善を行いながらの治療で劇的に回復いたしました。乳がんを経験した私にとっては今や治療に欠かせないプロダクツになっています。

摂取量は、最初の1ヶ月半は、1日に11カプセルを朝昼晩に分け摂取していましたが、いまは普通に朝昼晩1カプセルの1日3カプセルを摂取しています。たぶん、最初はがん細胞の暴走を止めるために大量に摂取したのかなと思っています。

私の場合は入院した経験がなく、ずっと普通に治療といえないがん治療を行ってきましたので、自分ががん患者だと思っていません。

ただ、化学療法を受けている患者さんと違うと思うことは、体に有害を及ぼす、薬や西洋医療を受け入れなかったこと、その他、体に有害を及ぼす、食品や運動などについて学んだことなど、何を受け入れ何を排除するかを医者まかせではなく、時には頑固な自分がいて自分で決めたから助かっていると思います。

何事もなるべく日常に自分の身をおき普通に気楽に生活することにしています。

#水素サプリ #鶴見クリニック

お勧め記事