Please reload

最新記事

【10】 超パワフルな抗酸化力を追求した究極の水素サプリの商品紹介と摂取方法

December 23, 2018

1/5
Please reload

お勧め記事

私は鶴見先生X及川博士Xマイナス水素サプリの奇跡的な出会いをしました

October 28, 2017

いまから、約7年前の2011年、私はインターネットを通して自然療法で乳がんを治してくれる先生を探していました。 そして鶴見先生がなにかの講演で話しているビデオがYouTubeでみつかり、この先生に診てもらいたいと思い連絡しハワイから東京へ出向き受診したのがきっかけでした。

 

私は当時は、治療をしながら不動産エージェント(日本で言う宅建)の勉強をしていました。そして資格が取得できその当時所属していた不動産会社のブログに書いたのが今でもグーグルなどで検索できます。

 

【陽子の乳がん克服体験 第8回】 私はマイナス水素イオンで乳がんを治療しています。  2012/09/06

 

今では、この本のことを検索すると有名でいろいろご存知だと思いますが、もう私にとってはこんなに昔のことになってしまっています。あれから私の周りでも多くの方ががんでたくさん亡くなっていますが、私は生きています。初期のころは私だけ助かって罪悪感を感じることがあり泣いたりするときもありましたが、早く気づいてほしいです。

 

マイナス水素イオン、開発者
及川胤昭(おいかわ・たねあき)博士

 

<プロフィール>
1941年宮城県生まれ。1971年名古屋大学理学博士号 取得。1981年米国ハワイ州立大学助教授、1983年山形大学理学部生物学科助教授を歴任後、1998年創造的生物工学研究所を設立し所長就任。生殖免疫学の権威者の一人として知られ、1973年に英国科学誌「ネーチャー」に巻頭論文を掲載し世界の専門家の脚光を浴びる。1986年に科学誌「ニュートン」に発表した論文は「受精の瞬間を演出するメカニズム“細胞に生命が宿るとき”」という斬新な内容で、学会における及川博士の名声を不動のものにした。その後も医薬学会において継続的に研究成果を発表し、公認されてきている。主な著書に「水素の可能性」(扶桑社)、「マイナス水素イオンと健康」(Nanaブックス)。最新刊・鶴見隆史医師との共著「がんが消えた!-マイナス水素イオンの奇跡」(幻冬舎)も好評を得ている。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Interwave USA