ワクチンはいったい何から作られているのか?


ワクチンは「劇薬」

と添付文書には明記されています。

ワクチンに含まれる水銀は、神経毒として自閉症や知的障害、認知症、さまざまな難病の発症に関与することが疑われています。

ワクチンの重大な副作用の中には、ギランバレー症候群(四肢の末端から始まる弛緩性マヒ、腱反射の減弱や消失)やけいれんなどに加え、脳炎、脳症まで現れると記載されています。

インフルエンザは、いくつかの型があり、ほかのウィルスと比べて、非常に速いスピードで変異をくり返します。

一方、ワクチンを作るのには、半年から一年かかるのでワクチンの中のウィルスとその年に流行するウィルスとは型が違ってくるのです。型がピッタリ合うように作るのは、宝くじを当てるより難しいそうです。

#ワクチン

お勧め記事